雑記

クイックコスメティークダブルで二重にしたら別人になれた。

幼いころからずっと二重に憧れていました。

そんな私がとうとう憧れのばっちり平行二重に・・・。

今回はそんな私の二重完成までの道のりを詳しくお話ししていきます。

コンプレックスだった重たい一重

小学生から中学、高校と必ず経験する卒業アルバム写真撮影。

毎回私、個別に呼び出されてこう言われてきました。

「目が閉じちゃってるみたいだから、撮り直す?」

そして写真に写る通常運転の私の顔。先生これいつもの写真の中の私よ・・。(とは恥ずかしくて言えず。)

最初はからかわれてるのかと思ったけど先生はみんな真剣な表情。

ただでさえ細い目。笑うとさらに細くなる瞼。写真映りを意識すると目を見開くのに精一杯で笑顔が不自然になるジレンマ。いつの間にか写真を撮られることが大嫌いに。

中学生の頃にアイプチなり二重テープが流行り出して、私もこれを使えば理想の二重に!なんて夢見た時もあったけど、瞼の肉が厚すぎて半日持たない。

瞼のひきつられてる感覚も慣れず、顔面の違和感でうまく笑えない。

二重マッサージもやってみたけど一向に改善しない、というか皮膚が伸びた。

その結果がこちら。

画像が荒いですが、完全にまつ毛に瞼の皮が乗っかっております。

振り向きざまの私。別に不機嫌でも何でもない。睨んでません。

もう二重グッズに頼ることも諦め、整形しか私には残されてない・・・とようやく気付く。

カウンセリングを受けに湘南美容クリニック

そんな感じでずっと整形したいな~とは思っていたけど当時はまだ学生。

でも、25歳になり仕事にも慣れ始め貯金も十分に貯まった。

ちょうど転職も検討していたために今しかないと決心。

よし!整形しよう!まずはカウンセリングの予約だ!

そこからはもう怒涛の勢い。最寄りの美容整形外科はよく耳にしてた湘南美容。

速攻で予約していざカウンセリング当日。

カウンセラーのお姉さんは同い年くらいでワイワイ楽しくお話しが進み、

求めるラインは平行型なのか末広なのか、どの手術を検討しているのかなど質問されながらイメージを膨らませていった。

先生からまさかの一言「○○〇全然ないよ」

そしてお姉さんとの楽しいカウンセリング後に、先生とご対面。

まず言われたこと。

蒙古壁全然ないからすごくきれいなデザインになるよ

この時点でテンション爆上がり。

豚ミ
豚ミ
え、私の瞼でも平行二重いけますか・・?(さりげなくスマホの画像を見せる)
この程度なら全然いけるよ~!
豚ミ
豚ミ
(まじか・・!!)

自分の中で勝手に「こんな分厚い瞼は整形しても末広が限界」って決めつけてたから、

理想の平行二重ができるのが何よりも嬉しくてもうこの時点で舞い上がり。

思い返せば、私の母はバッチバチの幅広二重。グッジョブマミー!!ありがとう!

その後は個人的な質問、

豚ミ
豚ミ
左右で瞼のたるみが違うけど左右対称になりますか?
ある程度デザインで対処はできるしそんなに気にすることはないよ。ただ、完璧な左右対称を求めるならそれはかなり難しいし生まれ持った骨格とかその人の癖とかで歪むこともあることだから絶対を求めるなら僕は受けられないかな
豚ミ
豚ミ
(この先生…信頼できる!!)

等々それ以外にも気になることも沢山質問したけど、全部やさしく丁寧に答えてくれてかなり安心できた。

ダメ元で聞いてみたモニターの件も、無理のないラインだったので「全然OKー!」の一言でいけた。

ちなみネットで人気な先生とか、あまりにも瞼に負担をかけすぎる大げさなラインとかをオーダーするとモニターは無理らしい。私はちょい過疎気味な感じの場所だったので割とそこらへんは緩かったのかも笑

ただ、私の担当してくださった先生も毎日インスタで二重のモニター写真をアップしてたから経験は豊富っぽかったし、なによりみんな自然体な感じですごく腕も良さそうだったからそこも一応はチェックしてこの先生に決めた。

湘南ですごく人気な女の先生がいたんだけど、ネットの口コミ見ると態度が冷たい・上から目線みたいなものも少なからずあったから、有名だからといってそれを鵜吞みにするのもあんまりよくない。相性が一番大事。まずはカウンセリングで会ってみてフィーリング重要。

今回受けた施術内容

というわけで私はクイックコスメティークダブルというメニューでお願いしました。

モニター価格で税込み25万円くらい。

ちなみに二重整形でも色々メニューはあって、安いやつだと両目で2万も行かないヤツとかもあります。でもね、これは結構まじめな話で「一番取れなくて一番デザインがキレイなヤツ」をお勧めします。だって自分の顔だもの。絶対に後悔したくないし、中途半端にお金をケチって理想と違うラインになるのは嫌じゃないですか。

私も最初はクイックコスメティーク法(ダブルよりデザインの幅が小さい)でいけないかな~なんて思ってたけど、ダブルはしっかり目尻側のデザインまで考えられるしこれって二重に憧れる人からするとかなりこだわり強い部分かと思います。瞼が厚くてアイプチもすぐとれるような頑固な一重さんにはマジでこれ一択。

手術当日

当日は快晴。しかしながら私は緊張で体調不良。

あっという間に手術の時間が来てあれよあれよと手術台に寝かされて頭の中はプチパニック。

豚ミ
豚ミ
瞼の注射怖い、、、笑気麻酔で吐いたらどうしよう、、、

もうそれしか考えられなくなったけど、付き添いの看護師さんがそばにいてくれて「手術初めてなんですよね~緊張しちゃいますよね~。でもあっという間に終わるので大丈夫ですよ~!」って「笑気麻酔も確認しながらちょっとずつ入れていくので大丈夫ですよ。」って、、すっごいすっごい面倒見てくれる。優しい。好き。

私自身お酒に弱くてほろ酔い1缶飲んだだけでリバースする体質なので、人一倍笑気麻酔に怯えてましたが全く気持ち悪くなることもなく。というか緊張を和らげるっていうすさまじい効果を体感できました。

お鼻にチューブみたいなのをはめられて鼻から吸うみたいな感じなんだけど、5分くらいでほんのりと心が凪いでいく感じ。人によっては声が響いて聞こえるとか浮いてる感じとかよく聞くけど、私の場合は特になくてただただリラックスできてる感じ。言葉で表現するならば、「お昼下がりに猫ちゃんなでながらコーヒー飲んでる休日」みたいな心情。リラックスし過ぎて手術中に余裕で寝れそうでしたわ。(いや、寝てたかもしれん)

そんな感じでぽやぽやしてたら先生が入ってきて、

早速始めるね~少し瞼チクってするよ~
豚ミ
豚ミ
はいっ・・!(マジかっ!これが一番山場と言われる局部麻酔!覚悟を決めろ私!)

チョンっ。(へ?)

ネットで痛いと書かれていた局部麻酔。瞼に注射なんて絶対に痛いと思ってたけど、これが本当にびっくりするくらい痛くなかった。え、今まつ毛抜きました?くらいのチクっとした痛み。しかも記憶にあるのはこの一回。実際には表面に一回、瞼の裏に一回の計4回(両目)刺されてるはずなんだけど、あまりにも痛くなさ過ぎてマジでその一回しか覚えてない。個人差はあるんだろうけどびっくりするくらい痛くなかった。

麻酔がきいてきていよいよ糸を通していくってなっても、基本ライトがめちゃんこまぶしいので視界はずっと白。針を一度も見ることなく、瞼に糸が通る感覚すら分からなかった。多分瞼ひっくり返されてたんだろうけどそれも分からなかった。

手術中は極力脱力して視線は可能な限り上を向くことが大事らしくて、ただただ白目をむきながらアヒャーって寝てた私。

めちゃめちゃ順調だよ~

という先生の声かけと共に看護師さんがずっと肩をトントンしてくれてるので、いよいよ眠りそうになる私。

体感としては10分くらい。脱力&全力の白目が相当良かったらしく先生も絶賛の内出血ほぼほぼゼロ。めちゃめちゃ覚悟を決めて挑んだ手術だったけどあっけにとられるほどスピーディーでリラックスできた時間でした。

ダウンタイム

ここからは皆さん大注目のDT報告です。

当日

術後すぐ

隈とか酷くて申し訳ない。麻酔がまだきいててあまり瞼を開けられない感じ。

あとは元々左右の眼球の大きさにだいぶ差があって(たまにいるらしい)それがあまり目立たないようにラインの入り方が左右でだいぶ違います。この時点ではぶっちゃけ大丈夫かなと心配に。でも腫れが落ち着けばいい感じになるらしい。

術後30分後

モニター撮影のために術後すぐメイクしました。帰るころにはだいぶ麻酔も抜けてある程度瞼を開けるように。

再び腫れ始める。冷えピタと枕を4段重ねしてほぼ体を起こすような感じで就寝。

ただ、この時点で「え、すごい、二重になってる私・・!」と鏡を何度見たことか。

1日目

目ヤニと腫れがすごい。この時が諸々の症状のピーク。ちょっと瞼全体がじんわりと重い感じ。瞼に力を入れるとツキっとする痛み。ぶっさいくなハムでキモくて申し訳ない。

2日目

腫れは結構引いたけど相変わらず目ヤニが出る。

ちなみに病院から目薬を処方されてたんだけど、二重だとめちゃめちゃ差しやすくて驚愕した笑

二日目にして早速少しメイクした。まつ毛がバーンって上向きになるのすごすぎる。嬉しい。

3日目

なんでかわかんないけど右目の瞼にちょっと痛みが再発。ほんのちょっと。

一重の時に使ってたカラコンは二重になると瞳がデカすぎて似合わない笑

着色直径小さめのに変えたくなってきた。

4日目

はれが全体的に収まる。こちらは風呂上り。怖くて瞼に触れないから顔をぬぐえない。

5日目

二重になっている違和感と突っ張りがなくなる。

ただ、朝はどうしても浮腫んでしまう。一重の時は分からなかったけど、二重になると浮腫んでるのがすぐわかっておもろい。なるほどな、こういうことか。

一週間後

この日は術後一週間後のモニター撮影。がっつりメイクしてOKなのでフルメイクで美容室いってその後撮影してもらった。(写り込みがあったので眼球はスタンプで隠してます。)

先生曰く若干まだ腫れてるけど、ここからさらに馴染んで左右差ももっと自然になるらしい。個人的にはぱっと見左右差はそこまで気にならないし、人に聞いても「いや、分からん」って感じなので全然OK。というか若干違いがあったほうが自然っぽくていいんじゃない。

結論:高いけどやってよかった

以上が二重手術して1週間までの記録となります。

その後はあんまり大きな変化はなく、ただただ馴染んでいくって感じでした。

ちなみに二重整形した感想は もっと早くやってれば良かった です。

二重になってからというもの化粧がめちゃめちゃ楽しくなりました。

だってさ、ビューラーで上げたまつ毛がバビュー↑↑ってしっかり上向きになってくれるし、アイラインも瞼の皮で埋もれずにしっかり見えるしアイシャドウもきちんと映える。

目と眉毛の間も狭まったし、周りからもかわいいと言われるようになった。

毎日がハッピーで仕方ない。写真だってもう怖くない。むしろバンバン撮ってくれ!笑

ダイエットだってやる気がさらにみなぎってきた。

だって、これが↓

これだぜ?(ばっちりお化粧中)

垢ぬけ具合半端ないと我ながら思う。

以上、おわり。

フリーターブロガー
豚ミ
2021年2月21日から本気のダイエットスタート。Max82kg→目標52kgを目指してダイエット中。